投稿

4月の雨 2019

イメージ
先週、仕事がどうにも終わらず、おとといの日曜日はオフィスに行った。朝にヨガだけは行って、その後集中力のいる仕事に頭を切り替えるべく、会社に向かう途中「ティム・ホートンズ」で一息。

その時、雨に濡れる道路を見ながら、感じていたことをここに。とりとめなくなるが、思考の合間に次々と横やりで飛んでくる記憶や音楽もあえて一緒に、、、。
* * *
4月になってから雨の日が多い。2週間前に雪がどかっと降って雪景色になった日があったが、翌日の雨で一気に溶けた。やはり4月の雨は暖かい。

と思ったと同時に、文字通りドリカムの『4月の雨』という曲を思い出した。
かつて愛した人が4月生まれで、その人へ「おめでとう」と祈りを捧げる歌だ。
「答えは返らないけど、せめてこの祈りが届いてほしい」という切ない想いがこめられていて、ふと、もうこの世にもいない人に向けての歌なのかな?とも思ってしまう。
そんな物悲しさが漂う曲だけど、このフレーズは好きだ。
「素敵ね呼吸始める 春と生まれたの」
なぜなら私も4月生まれで、何もかもが始動する春が大好きだから。このフレーズだけは聞くと嬉しくなる。たとえ雨が降っていようと、それはもう雪ではない。暖かな雨だ。春のサインだ。
(ここで、スティービー・ワンダーのI Just Call to Say I love youの中に「Spring Rain(春の雨)」が登場することも思い出す)
日本にいたら、4月はまず真っ先に桜を思い出すが、、、カナダの春を振り返ると、花の季節にはまだ早く、そういや今までも雨のことが多かったかもしれない。しかも氷混じりで。
だから今は4月と聞いてイメージする光景がピンクからグレーに変わってしまったが、それでも自分が誕生日を迎えると、「ああ、春が来たな。また1年始まるな。」と実感する。
(ここで椎名林檎の「ギブス」が頭に流れる。「♪ダーリン、また4月が来たよ」)

Be Creative

イメージ
ちょいと更新の間があいちゃった。それは今月初め、仕事であるプロジェクトを預かったから。

日々ながれている通常業務をやりながら、しかもまだ来て日の浅い私がそれをやるにはやはり時間がかかる。それで今、一時的に残業&週末出勤の日々。

せっかくジムに入会したのに、その数日後から忙しくなって全然行けていない。(知っていたら来月の入会にしたのに!)

最初に受けるワークアウトのコンサルテーションも、予約をもう2回延期して今は棚上げのまま。

それでもかろうじて、日曜の朝ヨガだけは行っている。

この前行った時、最初と最後の瞑想タイム向けに、何種類かのパワーストーンが入っている箱から各自がランダムに引く、という機会があった。

石にはひとつひとつキーワードが書かれている。それを現在の自分へのメッセージとして、瞑想時に思いを巡らせては?という計らいだ。

私が引いたのはこれ。



『Creative』--- 私にとってはなんだか励ましのように心に響いた。

仕事だけではなく、今やりかけの様々なこと、新生活でまだ揃っていないこと、友達への連絡もろもろ、やることがいっぱいでバタバタしていた私は、『時間と気持ちを整理して、よりCreativeになれ』と石に言われたような気がした。

日本はもう桜が咲き始めたようだが、こちらはまだまだ朝晩は氷点下。しかし夏時間がすでに始まり、日が長くなってきた。


バレンタインデーの直後に安くなっていて買った小バラの鉢植え。2月中にすっかり花が落ちたが、ここへ来てまたつぼみが膨らみ、花が開き始めた。


春への反応だ!太陽への反応だ!こういうのを見ると、途端にむくむくと自分の中に良いエネルギーが湧いてくる。

あと2週間ほど余裕がないが、それが終わる頃、春はもっと近づいていることだろう。それを楽しみに踏ん張ろう、、、。

The Right Timing

イメージ
多くの人が好きなコーヒー。私は朝飲まないと調子が出ないし頭が痛くなるからほぼ中毒状態。

また、忙しいとつい惰性でガバガバ飲んじゃうが、カフェイン摂り過ぎも良くないだろうから、今はそういう飲み方は避け、1日2杯まで、と決めている。
その代わり、といっちゃなんだが、コーヒータイムは出来るだけ充実したものにしたいと思っている。
家にいる時は、簡易グラインダーで豆から挽く。喫茶店で使うような注ぎ口の細いホーローポットでお湯をぐらぐらに沸かし、コポコポと丁寧に淹れる。

この作業が、すでにコーヒーを飲む楽しみの一部になっている。挽き立てのフレッシュなコーヒーの香りがふわっと漂うと、ほんわかとした幸せを感じる。

仕事の傍らにただ無意識に飲むのでなく、コーヒーのために時間を割き、決まった工程を経て、きちんと味わって飲むのだ。それはまるでひとつの儀式。
凝る人は自宅でもサイフォンやいろんなグッズを揃えているんだろうけど、とりあえず私は簡単なドリップ方式で十分。

会社ではペーパーレスのドリッパーで淹れているが、自宅ではまだ紙フィルター。なんだかんだいって、これが一番馴染みのある淹れ方だ。
家には、だいたい数種類のコーヒーを置いている。オーガニックかフェア・トレードのもので、ミディアムローストかダークロースト。

砂糖は元から使わないが、ファストフードのいまいちなコーヒーのときはクリームを少し入れてごまかす。コーヒーそのものが美味しいときはブラックがベストだ。
ところで、、、本当に美味しいコーヒーとは、どういうものであろうか?

新しい土地・新しい仕事

イメージ
引越・転職して二カ月半、家の中は大分落ち着いたが、仕事の方は慣れるにしたがってやることが増えてきている。それなのに、最近同じチームの人で辞めた人がいて、急遽その人の仕事もすることになり、てんてこまい!さらに新しく覚えることが多岐に。


まあ、これまでもカオスな職場を何度も経験しているので免疫はある。しかし、まだ仕事を「自分のもの」として飲みこんでいないときに、直接お客さんや取引先とやりとりするのは、やはり緊張する。
そんなわけで、もうしばらく余裕のない状態が続く、、、。
ところで、今日はまず、私が越してきたオンタリオ南西部について。
カナダ最大都市のトロントがあるのはオンタリオ州だが、その西隣はデトロイトのあるアメリカ・ミシガン州。私はそのトロント―デトロイトを結ぶ線上に点在する、ある中規模都市にやってきた。
デトロイトは歴史的に自動車産業で栄えた街。だからか、カナダ側であっても、デトロイトに向かう線上には、自動車関連の会社が多い。

トヨタの大きなカナダ工場もこの線上にあるし、自動車産業は日本のお家芸でもあるから、自動車パーツや貿易・流通の日系の会社もそれなりにある。
また、その線上は、カナダの中でも最も南のエリア。(アメリカに食い込んでいる部分で、アメリカ北部の一部よりも南にあたる)つまり、カナダで一番暖かいエリアなので、農業もさかん。事実、前職で農業系のプロジェクトに関わったとき、この方面に何度か足を運んだ。
アメリカとの南側の国境沿いに、五大湖のうちのオンタリオ湖・エリ―湖があり、山がなく、だだっぴろい小麦畑やコーン畑が広がる。市街地から外れれば、視界をさえぎる高いビルなどはないから、朝陽や夕陽に輝く農地がダイナミックに眺められる。

ということで、サービス業のメッカであるトロントとは対照的で、このオンタリオ南西部は生産・製造のメッカなのだ。
私が就職した会社というのもある生産会社で、これは私にとって初の業種なのだが、食品関連だ。ちょうど私がここ数年興味をもっていたオーガニック食品や農業と深く関連しているので、そこは予期せず希望通り。
また、私のキャリアのベースは会計なのだが、今までサービス業での経験しかなく、生産・製造での会計の経験も積みたかったので、これも希望通り。原価計算や在庫管理、生産予想等、学校で基礎を学んではいても、実際の仕事で経験する・しないは大違いだから。
さらに、その…

ワインを買いに行ってビールにはまる

イメージ
只今厳寒期真っ最中。寒さだけでなく、雪や氷や北風に見舞われ、空は暗く鬱々で、本当に嫌になってくる。そして毎日の通勤がかなりチャレンジング!

まず、フロントガラスを覆った氷が予想以上に厚くて、溶かすのにすごく時間がかかる。しかし、それで時間的に焦っても、テカテカの道で車をとばすわけにはいかない。


たった15分の運転とはいえ、高速道路で大型トレーラーが滑って路肩に突っ込んでいるのを見ると、やはり怖い。仕事に遅れてもいいから、と慎重に慎重に運転する毎日だ。

そんなわけで、仕事以外は在宅率がかなり高くなっているものだから、ちびちび飲んでいたワインも減りがいつもより早いような?笑

それで先日新しいワインを買いに酒屋に行った。ワインは、グラス半~1杯しか飲まなくとも、モノによって翌朝頭痛に見舞われることがある。おおうにして安めのワインでそうなるんだけど。笑

しかし、オーガニックワインなら今のところ頭痛にならないし、値段もリーズナブル。頭の痛くならない高いワインを買うよりお得なのだ。こちらでは豊富な種類があるのも嬉しい。



とまあ、オーガニックの赤を適当に買って帰るつもりでいたのだが、、、。

以前書いた通り、オンタリオの地ビールは、ジャケットが超個性的で見るのが楽しいからそっちも寄ってみた。そしたら、案の定はまった、、、。

入れ替わりがすごく激しいから、1,2ヶ月置きに来ても品揃え(季節のフレーバーやジャケットデザインが)全然違う。




デザインだけでなく、他の国のテイストを前面に出しているものも。




バッタはまだ可愛い方かも。動物ネタは結構あるけど、なんかこう、どれも変わったデザインなんだよね~。



外は極寒!私は内で弁当作りにいそしむ

イメージ
アメリカ中西部を襲っている大寒波。私の居るカナダ・オンタリオ南西部はそのエリアに近いから、その影響を受けてここ数日かなりの低温になっている。
今の外気はマイナス24℃、体感温度はマイナス38℃。これからさらに冷える。カナダの方が北にあるのに、寒気が襲っているミネソタやアイオワ、イリノイなんかはもっと低いから、いかに大変な寒気か!
今日は会社に行くときも帰ってくる時もマイナス20℃台。日中もほとんど気温が上がらず、うっかり手袋無しでほんのちょっと外に出たら、一瞬で凍傷になるような恐ろしい冷気だった。

また、こんな時は外へ出た瞬間、呼吸の通り道(鼻、口、喉、灰)で息が凍りかける感覚も体験する。
しかし、幸い雪は降っていなかったので、通勤は意外と大丈夫だった。むしろおとといはマイナス7℃と、こちらにしては「たいして寒くない」日だったのだが、雪がどさっと降ったから圧雪と新雪の上を運転することになり、そっちの方が怖かった。それが凍ればさらに大変!

とまあ、これでもかとカナダの冬を味わっているところだが、今月・来月は真冬中の真冬だから仕方ない。

だから、今は休日や平日の仕事のあとは家にこもっている時間が長い。今は毎日お弁当だから、週末に作り置きしたり下ごしらえしたり。

おやつも自前で作っちゃったり。

以前から気になっていたビーワックス(蜜蝋)のラップ。バンバン消費しがちなサランラップの代替品で、ぴっちり包めるし洗って繰り返し使える、ケミカルフリーなエコ商品。サンドウィッチなどのお弁当に使い始めた。

これも、オフィスにこのまま持って行く、インフューズド・ウォーター(infused water)。フルーツや野菜をカットして水に浸して栄養分を抽出するもの。レモンやキュウリ、ベリー、ハーブがよく使われるけど、唐辛子や昆布を入れてもよし。