投稿

なんだったんだ?7Months

イメージ
以前はウィークリーで更新していたのに、今やすっかりマンスリーになってしまっている私のブログ。更新のたびに季節が変わっていて(来週最低気温4℃の日も!)、時の速さに自分でも驚く。
更新の頻度が落ちるのは仕事のせいに他ならない。今の仕事になって最初の2ヶ月は研修モードだったが、その後、つまりこの7ヶ月ほどは新しい分野の仕事を吸収しつつ、同時にいろいろ任されたのできつかった。
今ようやく自分のペースがつかめてきたが、それでもやることは盛りだくさんだから、しばらく「マンスリーブログ」は続きそう、、、。
ところで、その前の年も前職で「なんだったんだ?」と今思えるくらい、初めてで強烈にきつく、そしておそらく二度と体験しないだろう仕事が7ヶ月ほど続いた。今日はそちらの方について書こう。
その仕事とは、訴訟・裁判だ。


一応私のバックグラウンドは会計だが、前職は経営補佐的な仕事がメインで、そうなると法務なんかも入ってきて(要はなんでも屋(笑))、なんの法的知識もない私が、結果して訴訟問題も深く入ることになった。
それが、単に訴訟内容の難しさだけでなく、さまざまな困難のオンパレードだったのだ。
それは土地のリースに関わる係争で、私のいた会社が関連する三社を同時に訴えた方だった。最初は弁護士に任せて経過を見守る程度だったが、相手(三社とも)が逆提訴をしてきて事が徐々に大きくなっていった。
さらには、事情があって私たちの自身の弁護士ともトラブルとなりどんどん泥沼へ。
新しい弁護士を立てたがそれも訳ありでうまくいかず、結果して三人目の弁護士を立てることになるのだが、それが決まるまでの2ヶ月ほどの間、素人の自分たちが訴訟の対応せねばならないことに。
三社のうちのひとつは、カナダ屈指の大手不動産会社だから、ビッグ・ファームの弁護士が3人くらいついている。そんな人たちを相手に、法務どころか英語もままならない私が対応していいのか?しかし、代わりはいない。やるしかなかった。
私は当時トロント郊外に居て、普段はトロント市街に行かなかったが、この頃は地下鉄で毎日のように裁判所のオフィスに行って訴訟手続きを確認し、何度も民事訴訟のプロセスを読んだ。専門用語も多く、とにかくわからないことだらけだった。

ようやく新しい弁護士が決まってほっとしたのもつかの間、その人はSenior Lawyer(上級弁護士)で時間当たりのフィーがびっく…

Great Lakes(五大湖)

イメージ
地理の時間に北米の五大湖(英語で"Great Lakes")のことを習ったのは、何年生の時だっただろうか?5つの湖の名前を一生懸命覚えたその時は、将来自分がその近くに住むことになるなんて、思いもつかなかった。


その後も5つの湖の名前は一応覚えていたけれど、カナダに来る前はそれらを特に思い浮かべることもなかった。ニューヨークにいた頃、ニューヨークの水はナイヤガラから来ているとは聞いても、具体的な五大湖の名前は出なかったと思う。
そのナイヤガラの滝を西南に持ち、トロントとニューヨーク州に挟まれているのが五大湖のうちの一つで、州の名前にもなっているオンタリオ湖。
そして、今私がいるところは、トロントから西側で、北にヒューロン湖、南にエリ―湖がある地域。結果して、五大湖のうちの3つの湖に囲まれ、どの湖にも1,2時間で行ける環境だ。



残り2つの湖は、お隣のアメリカ・ミシガン州にあるミシガン湖、さらに北西のウィスコンシン州とカナダ・マニトバ州に挟まれたスペリオル湖。こちらはちょっとドライブして、という距離ではない。行くなら飛行機の乗り継ぎがいる。
トロントやナイヤガラのオンタリオ湖畔は、お店や観光地としてエンターテイメントスポットになっているから、そういうところには行った。が、考えてみたらそれって湖自体を楽しんでいいるわけじゃないんだよね。


だから今の場所で、こちらでの知人・友人に初めてヒューロン湖・エリ―湖に連れてきてもらい、私はようやく(自然の)「湖」としての湖を楽しむことになった。
まず驚いたのが、さすが五大湖、その大きさ!波も砂浜もあるしテトラポットや灯台もある。はっきりいって海に来た感覚だ。




そして水がとても綺麗!ビーチに佇んでウミネコを眺めていると、南のリゾート地に来たような錯覚が。






見知らぬ町で

イメージ
長らくそういう時間をもっていなかった。日常を離れて、完全に一人になって自分と繋がる時間。


去年からの劇的変化による忙しさは続いているが、ここ1、2ヶ月は特に余裕がなく、その日必ずやらなければならないことだけをやっても睡眠時間が4、5時間という日がほとんどだった。
しかしそろそろストレスが溜まってきたので、少し前に、えいっと、一人で遠出を決めこんだ。
といっても、旅というほどのものでなく、車でちょいと北に行った、なんの変哲もない湖畔の小さな町に3日ほどの滞在。そこでやっと自分を振り返ったり、少しだけ書く時間が取れた。

* * *
忙しいこと自体は苦ではない。
公私ともにやりたいことの計画を立て、限られた時間で目いっぱいの成果や進捗を得ようとするのは私のタチ。そういう忙しさはむしろこなせばこなすほど達成感が増し、苦しみ以上の喜びすらある。
ストレスを感じるとすれば、、、それは、その忙しさの種類が狂った時だ。
例えば、予期せぬことが起こったり、1年や数年に一度しかない用事があったり、あるいは他者の影響で、いろんなことが後手に回り、効率的でなくなった時。
同じ「忙しい」でも、こうなると追い立てられる中で何かをこなすだけの雑な状態になってしまう。
とはいえ、人生なんてそうそう予定通りいくものじゃないこともわかっている。また、人はこの社会で生きている以上、必ず他人と関わっているから、外からの影響も常に受けるのだ。
それも見込んで余裕持って計画立てればいいだけなんだよね。ただ、ここのところ本当にいろんなことに振り回されちゃったので、やっぱり時々は立ち止まって体制を立て直す時間というのがいるのだ。
それには、まずはスケジュールやTo Do リストの整理をすればいいわけで、それ自体は自宅でだって出来るんだけど、、、日常からあえて『物理的』に離れることも、結構大事だと思う。

うまく説明できないけど、普段自分のいる場所や見るものって何かしらの気持ちが入っていてそれに引っ張られたり、あるいは、やれ洗濯しなきゃとか、あれ買わなきゃとか生活の諸々に引っ張られることがあるし。
意識を切り離して客観的に現実を見るには、そういう日常の場所を離れないと。
言い換えると、、、社会生活とは、言わば、一人ひとりが何かしらの役割を演じている舞台。役者の1

木曜日の怪 その2 ~まさかの再訪!~

イメージ
前回に続き、もうひとつ奇妙な体験を、、、。
ある日の朝。晴天の気持ちのいい朝だったので、私は会社にいつもより早く行ってデスクの整理をしていた。

すると、建物の奥の方から、同じく始業前に早く来ていた同僚の呼ぶ声が聞こえた。何事か?と行ってみると、なんと彼が顔から流血していて、必死にティッシュで押さえているではないか!
聞けば、ちょっとしたアクシデントで機械のフレームに顔をぶつけたという。鋭利なフレームではないものの、勢いがあったため顔に裂傷が。これは病院行きだな、と明らかだった。
怪我した本人は歩けるし話せるが血を抑えているため運転はできない。しかし他のスタッフは出張で不在だったり、朝どうしても外せない仕事があったり。ということで、私が急患窓口に彼を連れていくことになった。
引越してきて半年、まだ街の病院どころか町医者や歯医者すら行ったことのない私。ましてや、大病院の救急窓口なんてどこかもわからない。そんなところ、よっぽどじゃなきゃ行く機会なんてない!
怪我をした本人の方が「以前子どもが熱を出して、〇×病院の救急センター連れて行った。そこが一番近い。」というので、彼の案内で病院へ。
おかげで病院までの道と(私の家のすぐ近くだった!)、救急窓口に一番近い駐車場、そして受付場所まで、スムースに辿り着いた。やれやれ、どっちが連れてきてもらったんだか、、、。
幸いなことに、トリアージ(患者の緊急度により対応の優先順位を決める過程)を受ける頃には血は収まってきていた。ただ、会社への報告があるので、私はずっと彼について診察室や処置室にも同行した。
結局数針縫うことになって、医者は私に「縫う時、横に居てもいいよ。」と冗談っぽく言ったが、縫うところなんて見たくない!さすがにその間は席を外し、トイレや廊下をうろうろして待った。
そして、「救急センターなんて、ニューヨークで友達に付き合って来たとき以来だな。」なんて思い出していた。あれは、クイーンズのエルムハースト病院。きっと10年くらい前のことだ。
思ったよりも傷は軽く、本人も痛みはほぼないという。大事に至らず良かったし、私としては、オフィススタッフとして、急患が出た場合の対応の勉強となった。
さて、その日の夜―。
今行っているスポーツクラブで仲良くなった友達の1人から、私に連絡が入った。
彼女は週1でサッカーをして、その日は私の家の近くの屋内サッカー場で試合…

木曜日の怪 その1 ~火の精のいたずら?~

イメージ
久々のブログアップ。近況は次回書くとして、今日は最近経験した奇妙な出来事について。
ある木曜の朝のこと。私はお湯を沸かしながらベーグルをトースターで焼いていた。パンの種類は日々変わるが、朝にトーストする行為は毎日のこと。

ところがその朝、トーストしている最中に部屋の火災報知器を鳴らしてしまった。
「え?火どころか、匂いも煙も出ていないけど?」
と不思議に思ったが、何しろ朝の6時半。大きな警報で近所迷惑になると思い、強制的に線を外そうと火災報知器の下に急いで椅子を持っていった。そして手を伸ばしたが、その瞬間音は止まった。
「あれ、勝手に止まるんだ?」
と、それも不思議だった。というのも、入居したての頃、魚を焼いて一度鳴らしたことがあり、その時は鳴り続けたから。(そして自分で報知器の線を外して音を消した笑)
「今回はあの時ほど煙がなかったから勝手に止まったんだろう。」
と、都合よく納得することにしたが、、、。なぜかこの朝は、警報器を聞いた瞬間のドキドキと不安が消えなかった。
なにしろ魚の時は確かに煙が出ていたのでわかるが、その日は匂いも煙もなく、フツーにトーストしていただけなのだ。鳴ったのが不思議なだけに、なんだか不気味だった。
だから家を出るまで窓を開けて外の空気を取り込み、出る時も何度も何度もガスや電気のスイッチがオフになっているか確認した。普段は抜かない電気製品のコードも全部壁から外した。
それで部屋を出て車に乗り込んだが、胸騒ぎに近い不安が残り「あれ、私本当にオーブンのスイッチ切れていること確認したよな?」と、確認したシーンを思い出そうとした。
が、何だか焦って思い出せず、それでまた不安になり、部屋に戻ろうかと思った。
しかし、すでにコンセントの点検やらでいつもより時間をくっていたので、もはや部屋に戻れば会社に遅れる時間になっていた。
それで諦めて出発したが、会社に着く道中、かすかに手が震えるくらい不安だった。なぜこんなに不安を感じるのか自分でもわからなかった。
ひとたび仕事が始まったらそのことは忘れてしまったが、午後に仕事で外出し会社に戻ってくる時、私は再び、いや、それ以上の不安と衝撃に遭遇することになる―。
まず、会社に着く直前、手前300mくらいのところで警察が道をふさいでいた。その先にはなんと、何台もの消防車!そこで火事が起きて消火活動中と言うではないか!
私は警察の車に行って、会社に…

めぐる季節の中で

イメージ
ここオンタリオ州の5月というのは、冬に始まり夏に終わるという、3つの季節があっという間に巡る月。

昨日最高29℃にもなったくせに、今日は最低3℃という物凄い寒暖差もある。ごく短い春は、こうやって翻弄されながら夏に切り替わっていく。



私の近況はと言えば、新しい土地や仕事で、いろんなことがどんどん始まって、一生懸命ついていっているような状態。

それは求めていたことだし、全部自分で決めて進めていることだけど、あまりにいろんな変化に、時々現実感を失う。

「わー、私今、こんなところでこんなことしているんだ!」なーんて、急に我にかえったり。(車が怖かった自分が今運転していることも、いまだに信じられない!と思う笑)

新しい世界、と感じる理由は、生活に直結している土地と仕事の変化が大きいものの、そういう物理的・直接的なものとは別で、他にもいくつか理由がある。

例えば、年齢的・経験的なもの。これまで、知識や経験を得ようと、それらを追いかける一方だったのが、今は「これまでの蓄積を活かす、使う」というパターンが、仕事でも生活でも人付き合いでも増えてきた。

さらに別な理由は、1年前くらいからSNSと距離を置いていること。それまで10年以上使っていたFacebookを去年辞めたが、結構それが生活のリズムや思考に変化をもたらしたような気がする。

目の前の現実にきちんと取り組む姿勢というか、集中するエネルギーの質が変わったような。

Facebookの楽しさや利便さもわかるが、つい時間をくっちゃうし、その間まるで自分が何かに支配されているような気さえするときがある。だから自分にコントロールを戻した、というのが今。

結果、良かった。今は自分の好きな写真を眺めるためインスタを時々するくらい。


ところが、そうやって時間や自分の集中力を確保する手筈をできるだけ整えても、今の「新世界」のスピードには追い付いていっていない。もう少し移行期間が要るみたい。

前の仕事のフォローも完全に終わっていないし、新しい仕事も自分のものとして動かすには、整える部分がまだまだあるし。自分の住処だって、実際住んでみると、またいろいろ気づいてモノを入れ替えたり。

ということで、なかなかブログも更新できていないけれど、今は早くこの「新世界」で自分のペースを確立するために、めぐる季節を横目で見ながら、いろんなことをバッサバッサとこな…

春のサイン・戻ってきたギース

イメージ
カナダに来て最初驚いたのは、鳥のギース("Goose"グースの複数形="Geese"ギース)を至る所で見かけること。"カナダ・グース"というブランドがあるくらいだからね。

ギースは日本語だとガチョウやガン(雁)にあたり、広義ではカモと同類らしい。
こちらでは水辺や公園はもちろん、住宅街や商店街にも出没する。こちらは土地が広く、芝を植えたエリアが多いからか、そこでエサ探しをしているのだろう。
リスとギースを至る所で見かけるのは、日本と違うところだ。時にはギースご一行様が車道を渡るのに遭遇するので、その時は車を停め彼らが渡り終えるのを待つ。(急いでいる時でなければ)心温まる光景だ。

去年の4月にこんなことがあった。
4月はまだ寒く雪が降ることは前回書いたが、その積もった雪がまだ残る4月半ば、郊外の地下鉄の駅に行ったら、駐車場の入り口の脇で1匹のグースが足をたたんで地面に佇んでいた。

そのポーズと、人が近づいても動かない様子から、私はすぐに「卵を温めているんだ」と気づいた。

近くにはもう1匹のグースが見張り番のようについていた。きっとつがいのオスだろう。
「まだこんな寒いのに!」
ギースが寒さに強いのかわからなかったが、冬の間はギースは全然見ないので、てっきり南の方に移動しているんだと思っていた。(実際はどうか知らない)寒さに弱い、というより、大地も湖も雪と氷に覆われたら、エサを確保できないだろうから。
しかし、よりによって駐車場の入り口の人通りの激しいところに腰を下ろすなんて。人が通りかかるたび、卵を守ろうとしてか、オスもメスもくちばしを開けて威嚇する声をあげていたので気の毒に思えた。
何かエサをあげたいと思ったが、そう思ったのは私だけではなかった。すでにメスのグースの近くにはパンの切れ端がいくつか置かれていたのだ。
でもエサをやるために近づいた人でさえ威嚇されたことだろう、、、。